卓球部

卓球部

 卓球部は、顧問児玉先生、青島先生、増田コーチ、杉本外部コーチのもと、3年生9名、2年生10名、1年生8名、合計27名(男子22名、女子5名)で活動しています。
 卓球部は、本校で伝統のある部活動の1つです。平成6年度には中野君(大井川中出身)、平成7年度には片川君(六合中出身)がシングルスで県予選3位。また、平成13年度には、戸田君(青島中出身)・倉光君(六合中出身)組がダブルスで県3位。平成21年度には、孟君(中国からの留学生)が県予選優勝。
 校名変更となった平成22年度には、ダブルスで宮崎君(掛川西中出身)・孟君組がダブルスで優勝。シングルスでは孟君が2年連続で優勝し沖縄インターハイに出場しました。団体戦もがんばり県4位になり、東海総体に出場しました。平成23年度には、孟君・大石君(大井川中出身)組が3位になり、シングルスでは孟君が準優勝し、青森インターハイに出場しました。団体戦も2年連続で東海総体に出場しました。
 日常的にOBや関係者の方々が仕事で疲れているにもかかわらず、現役部員のために指導してくださいます。その熱意や情熱を無駄にしないため、一球一球に気持ちを込めて、全国大会出場を目指し、地道な積み重ねを継続しています。また、専用の卓球場(第二体育館)があり、冷房を完備した恵まれた環境で活動しています。 
 目標:『全国大会出場』
 目的:『心・技・体 ~立派な社会人になるための活動~』
 部訓:『強くある前に正しくあれ』

(2020年6月記)

卓球部


平成25年度より前の活動報告はこちらから