静岡県内の私立高校の授業料が、令和2年度から無償化が拡大され、3年度はさらにその制度が広がったと聞きましたが?
これまでとどう変わりましたか?
現在公立高校では、世帯の年収目安が910万円未満の家庭は月額9,900円の就学支援金が支給され、授業料が無償となっています。一方私立高校では、令和2年度まで年収910万円未満の家庭に月額9,900円の支給、年収700万円未満の家庭に対して授業料減免と合わせて授業料がほぼ無償(月額約33,000円補助)となり、このことで私学への志願が、今まで以上に身近なものとなりました。令和3年度にはさらに年収700~750万円の場合にも月額16,500円が支給されることとなりました。このような無償化拡充の機会に島田樟誠での高校生活にチャレンジしていただきたいと思います。次頁に概要がありますので、併せてご覧ください。
入試では、どのように選抜し合否を判定しますか?
調査書、学力検査(国語、数学、英語、社会、理科)及び面接の結果を総合的に審査し合否判定します。
男子・女子の受け入れ人数はどうなりますか?
また3つのコース(特別進学・進学探究・キャリア探究)それぞれの募集人員は、どうなりますか?
募集定員は合計280人であり、男女やコース別の制限はありません。コースは、出願の際、第1希望と第2希望を選択します。第1希望を最優先しますが、クラス編成上の都合等により、第2希望又はその他のコースになる場合があります。
スクールバスが運行していると聞きました。どんなコースがありますか?
スクールバスは榛原初倉線(牧之原市~島田市初倉~学校)、吉田大井川線(吉田町~焼津市大井川~藤枝総合庁舎~学校)、焼津・藤枝線(焼津市~藤枝市~学校)、島田駅直通線(島田駅北口~学校)の4路線があります。登校時1便、下校時2便運行しています。今後生徒の乗車状況によって、路線の変更も考えられます。なお、御前崎・浜岡等南遠地区からの通学者には別途通学補助を行っています。