探究学習で附属幼稚園、伊太小でオリジナル絵本の読み聞かせ!

 昨日1月13日(水)28HR生徒の5人(石田大介君、河村真琴さん、榑林聖那君、萩原弘人君、望月風花さん)が、地方創生を意図した手作り絵本の読み聞かせを島田学園附属幼稚園と伊太小学校で行いました。今回の手作り絵本制作と読み聞かせは、探究学習の一環として行っています。絵本のストーリーは、3人の子どもたちの前に「しまりん」というかわいい妖精があらわれ、一緒に島田市の観光スポットを回り、あらためて島田市の魅力に気づくという地方創生を意識したものです。またストーリーもさることながら、作画も全てパソコン上のCGで作成するという力作です。読み聞かせのあとには、園と小学校に一冊ずつ絵本をプレゼントしたので、子どもたちは大喜びでした。5人の一人、榑林君は「子どもたちが喜んでくれてよかった。一生懸命やったので達成感がある。」と話していました。この地方創生探究学習の取組は、静岡新聞も記事に取り上げてくれました。2月には今回の取組を発表する機会も用意されています。今後も探究学習に継続して取り組んでくれることを期待します。

HP1 - コピー (2)
伊太小学校での読み聞かせの様子

HP2-1- コピー
伊太小児童に絵本のプレゼント

HP3 - コピー
附属幼稚園での読み聞かせの様子

HP4 - コピー
附属幼稚園園児に絵本のプレゼント

新聞記事
静岡新聞に掲載された記事