「道を創り 時を刻み 未来を拓く」 男女共学ロゴ

本校は、創立90年を超す歴史のある伝統校です。
大正15年に島田高等裁縫女学校として創立されて以来、女子校、男女共学校の時代を経て、昭和47年度から今日まで男子校として発展してきました。
しかし、平成30年度から新たな飛躍を目指して女子の募集を再開し、男女共学校としてスタートすることになりました。
本校は、これまでどおり「生徒1人1人を大切にする教育」を行っていくと共に、創立100周年を視野に入れて更に学校改革を進めていきます。
新樟誠

校長からのメッセージ

 昨秋、創立90周年を迎え、創立100周年を見据えた学校改革に着手しました。特色ある私学として選ばれる学校創りを目標に、伸び代の大きさで評価される学校を目指し、しっかり鍛え伸ばし高校3年間で明確な結果を出すことに全力を注ぎます。学校が変わり成果が上がる過程がはっきり見える学校改革を10年間継続し100周年を迎える予定です。
 学校改革の3本柱は、①男女共学化、②学力の向上、③部活動の振興です。男女共学化により、多彩な才能を持つ大勢の男女生徒の切磋琢磨による学校の活性化を期待します。新しい制服は、明るい爽やかな雰囲気に満ちており、「新樟誠」を象徴しています。
 学力の向上は、高校生としての学力の保証であり、基礎・基本を徹底し発展的な学習を重ねることで思考力・判断力・表現力を高め進路目標の実現を目指します。そのために教育課程を3コースに変え、進学や就職などの進路の目標に合わせた編成とし、平成31年度以降に予定されている二つの新テストへの対応もしています。また土曜授業も順調で、平成29年度の年間授業日数は、特別進学コースが231日、総合コースが213日となります。
 部活動の振興も学校改革の中で大きな比重を占めています。生徒諸君の活力が発揮される檜舞台であり、それが学校の勢いにもなります。共学化に伴う女子生徒の活躍できる部活動も準備しています。運動部か文化部かを問わず県大会、東海大会、全国大会と高い目標を掲げ、異年齢集団の中でひたむきに取り組み心身を鍛えることで、高校生活の充実度が高まります。部活動の厳しさや楽しさも進学先として本校を選ぶ大きな要素です。
 本校は、3年間の面倒見の良さが定評です。「島田樟誠に来てよかった。ここで自分は、予想以上の成長ができ進路の目標も達成できた」との評価をいただける教育活動を実践します。オープンスクールで本校を実感し、ホームページで日々の様子を確認してください。
 



はじまりは共に、ここから

H30スタート


本校は現在、進学希望者、就職希望者ともに全校で学力の向上に取り組んでいます。その方針の中、平成30年度も特別進学コースは月4回程度、進学探求コースとキャリア探求コースは月2回程度、土曜授業を実施し、将来の進路目標にむけて基礎学力の向上と、発展的な学習内容の習得を目指します。
また、平成31年度以降に予定されている新テスト(高校生のための学びの基礎診断、大学入学共通テスト)への対応が始まりました。
そして、平成30年度からの男女共学化を機に、全面的に制服を刷新します。併せて将来の進路選択を重視した3コース制がスタートし、それに対応した新しい教育課程 が始まります。
なお、生徒の日々の活躍は、毎日ホームページで紹介していますので、是非、御覧ください。FM島田の「ハイスクールラジオ」にも出演中です。

教育方針2018_phot

HP更新中2018



コース紹介2018
コース紹介_特進
コース紹介_探求
コース紹介_キャリア
コース紹介_end