平成31年度版 QA

学校生活全般


Q教育の基本的な方針を知りたいのですが・・・?
学校生活における目標を持たせることを基本とします。その上で学習に積極的に取り組む姿勢を育て、学力を向上させるとともに、思いやりの心を育て社会性を身に付けさせます。そして進路意識を高め、進路目標の達成に向けた指導を行います。
本校は、共学校となっても従来どおり「生徒1人1人を大切にする教育」を行っていくとともに、創立100周年を視野に入れて更に学校改革を進めていきます。 

Q授業料に関して、公立と比べるとどう違いますか?
一般的な家庭では公立より少し高くなりますが、家庭の収入状況により支給される就学支援金(次項参照)や授業料減免制度が適用される家庭によっては、授業料の負担がなくなる場合があります。平成31年度生徒募集要項の「11納付金、12就学支援金及び授業料の減免、13静岡県私立高等学校等奨学給付金」を参照してください。公立・私立の経費を考える時、授業料だけでなく入学金、施設費その他の納付金や購入すべき物品なども含めて3年間で必要となる経費の合計額で検討してください。さらに詳しく知りたい方は、事務室にお問い合わせください。

Q就学支援金制度とはどのような制度ですか?
公立・私立ともに保護者の県民税所得割額と市町村民税所得割額の合計額に応じた支援が受けられる制度です。平均的な所得の家庭の場合、公私立とも月額9,900円ですが、私立学校は得割額の合計額に応じて、更に、その1.5倍の14,850円、2倍の19,800円、2.5倍の24,750円が支援され、支援の幅は私学の方が広くなります。就学支援金は、学校が生徒本人に代わって受け取り、授業料に充てることになります。御家庭では学校の授業料と就学支援金の差額を支払うことになります。平成31年度生徒募集要項の「12就学支援金及び授業料の減免」を参照してください。さらに詳しく知りたい方は、事務室にお問い合わせください。

Q進路指導や進路の状況は・・・?
平成29年度卒業生の進路状況
大学進学・短大進学…30%
専門学校進学   …27%
就職       …43%
本校生徒の進路希望は多様化しており、これまで進学希望者と就職希望者の比率はほぼ1:1でしたが、近年進学希望者が増えてきています。また、男女共学になりさらに進学希望者の増加が予想されます。今後は、看護系・保育系など女子の進学先を研究し、受験対策を含めた進学指導に力を入れていきます。就職希望者に対しては、授業(夢実現プロジェクト)において早期に仕事調べを始めるとともに、会社見学を充実させ、求人と求職の不適合を防ぎ、生徒個々の特性を生かした職種で働けるよう指導していきます。
平成29年度の卒業生の進学先と就職先は、ホームページの進路指導コーナーを参照してください。

Q進学探究コースは進学のみですか。就職も有りますか?
基本は進学(四年制大学、短期大学、医療・福祉系の専門学校等)を目指します。

Qキャリア探究コースは就職のみですか。進学も有りますか?
就職(一般企業、公務員等)又は、進学(四年制大学、短期大学、専門学校等)が可能です。

Q中学校の時にあまり勉強をしなかったが、高校卒業後、大学へ進学できますか?
高校入学を機に気持ちを切り換えて勉強に取り組めば、どのコースを選択しても努力次第で大学進学できます。
3コースともきめ細かい進路指導をします。


授業関係


Qそれぞれのコースの内容を知りたいのですが・・・?
本校は、目標、進路に合わせて3つのコースを設置しています。
特別進学コースは、全員が「国公立大学現役合格」を目指して、3年間勉強に集中します。1~6期生の通算の国公立大学現役進学率は70.2%で、7割以上の卒業生が目標を達成しています。毎日7時間授業で、放課後には、教員が指導する放課後学習に全員で取り組み、その後、希望者を対象に放課後自習室も開講します。
進学探究コースは、四年制大学、短期大学、医療・福祉系専門学校等への進学を目指す人にお勧めです。授業内容は、一般入試、推薦入試、AO入試等に対応しています。放課後には、希望者を対象に教員が監督する自習室を開講しており、学習習慣の定着を図ります。
キャリア探究コースの卒業後の進路は、就職又は進学が可能です。3年間を通して自分自身を見つめ直し、キャリア(将来の生き方)を考えます。そして進路の目標(一般企業、公務員等への就職又は四年制大学、短期大学、専門学校等への進学)を定めて、その実現を目指します。
詳しくはホームページの各コースのコーナーを参照してください。

Q平日の授業は何時間授業ですか。
特別進学コースは7時間授業+放課後学習(月曜日は6時間授業)、進学探究コースとキャリア探究コースは6時間授業です。

Q学校での授業の様子をもう少し知りたいのですが・・・
土曜授業を実施していますので、事前に連絡をいただければ土曜日の平常の授業の参観ができます。


部活動関係


Q部活動は自由加入ですか?また部活動はどんな種類があり、活動時間はどうですか?
「部活動の振興」が教育方針の一つであり活性化を目指しています。通学範囲が広いため自由加入としていますが、全校生徒の約70%がいずれかの部活動に所属しています。多くの部活動が県大会に出場し、東海大会や全国大会に出場する部活動もあります。共学化に伴い女子ダンス部を新設しました。部活動の種類は、ホームページの部活動のコーナーを参照してください。活動時間などは部活動によって様々です。


入試関係


Q入試では、どのように選抜し合否を判定しますか。
調査書、学力検査(国語、数学、英語、社会、理科)及び面接の結果を総合的に審査し合否判定します。

Q男子・女子の受け入れ人数はどうなりますか。また、3つのコース(特別進学コース、進学探究コース、キャリア探究コース)それぞれの募集人数はどうなりますか。
募集定員は、男女合計280人であり、男女別の人数枠やコースごとの募集定員はありません。
なお、クラス編成の際に第2希望以下に回ることもあります。


その他


Q入学時に必要となる経費には何がありますか?
学校に納付する入学金、施設設備費、入会金(生徒会、PTA、体育・文化後援会)、授業料のほか、業者に直接支払う制服、体育衣料、教科書、副教材等の経費があります。それぞれの金額については、平成31年度生徒募集要項「11納付金[平成30年度の例」を参照してください。

Qスクールバスについて教えてください?
平成31年度のスクールバス運行路線は、金谷線、吉田線、焼津・藤枝線の3路線です。料金は、3路線とも公共交通機関を使ってかかる費用の70~80%程度を目安に設定しています。
なお、金谷線は、平成30年度1年生が卒業(平成33年3月)後、相良を発着場所として路線を再編成する計画です。また、全ての路線において、乗車する生徒数の関係等で路線の変更もありえます。